パーソナルコンピュータの価値は10年前と比べると格別におお安くなっています。

その上システムもUPしているのです。

技芸の進歩によってICの高集積化が、進み、生産効率が、UPしているのです。

当然、寸法も小さくなりました。

ただ、パーソナルコンピュータを選ぶ時にはシステムを選択することが、出来ますから、自分が、必要なシステムをそろえておくことをおススメします。

後から追加すること言うのは出来ないからです。

当然システム追加で価値は高くなります。

ただ、10年前のパーソナルコンピュータの価値を知っている人にとっては安いものでしょう。

パーソナルコンピュータが、おお安くなると故障した時の対応が、変わります。

修理をするよりも新しく買入した方が、おお安くなるケースもいっぱいなるのです。

当然、自分が、必要としているパーソナルコンピュータのシステムを確認しておくことが、キーポイントです。

低価値のパーソナルコンピュータはシステムが、限定されているとかんがえるべきでしょう。

ただ、通例の人が、年賀状を作ったり、インターネットを見たりするだけなら低価値パーソナルコンピュータで十分です。

日々パーソナルコンピュータを使って稼業をしている人は、それなりのシステムのパーソナルコンピュータが、必要でしょう。

会社で買入するパーソナルコンピュータと個人で買入するパーソナルコンピュータは別物とかんがえて頂戴。

価値帯もギャップますし、システムも違うからです。

故障した時の補償は本体価値ではなく、オプションとなります。

又、故障したパーソナルコンピュータからデータ内容を取り出す作業はすべて手作業となりますから、費用はパーソナルコンピュータ本体よりも高くなります。

その費用を出せないとおもうなら、こまめにバックUPをしておきましょう。