コードレス掃除機と言えばこれ、というほど世間の認知度の高い評判品物が“ダイソン”のコードレス掃除機です。

コードレスなのに優れた吸引力を誇る掃除機として数年前に出現して依頼毎年みたいに新品物を売り出ししています。

サイクロン掃除機の先駆けとしても知られる掃除機です。

コードレス掃除機を活用してみようと思ったとき、まず比較の対象となるのがダイソンと国内作製企業の掃除機だとおもいます。

ここではまずダイソンのコードレス掃除機に対してその特徴と艶やかさ、国内作製企業品との比較を案内したいとおもいます。

ダイソンの掃除機が選ばれる随一の艶やかさは“吸引力の強さ”に有ります。

ダイソンを使ったら他の掃除機ではもう物足らなくなってしまうと呼ばれるほど優れた吸引力です。

しかし今まではその分、音がうるさいとか、本体がおもいとか、バッテリーの稼働時間が短いといったマイナス評価もきかれました。

それが毎年みたいに少しずつ改良を重ね問題を克服してきています。

昔はジェット機みたいな音が煩わしいと言われていた騒音も、2018年売り出しの品物では当初のものと比較して50%も低減されて静かになったそうです。

2016年以後に売り出しされたV8~V10の騒音ステップを見てみると74dB~84dBと運転モードによるちがいはあるものの、地下鉄の車の中ステップとだいぶ抑えられてきました。

他社の音が静かなコードレス掃除機は60dBを切るので、それと比較したケースダイソンはまだまだうるさいと感覚るかも知れません。

しかし従来モデルから比べればかなり低減されているので、以後もより一層騒音は低減されていくとおもいます。

次にバッテリーに対してです。

ダイソンでは満充電したケース、強モードでの連続運転時間は約8分です。

国内作製企業のなかだとしても一番バッテリーが長く使えるコードレス掃除機と比較したケース、三菱の“iNSTICK”が15分ですのでダイソンはそれと比べると短いです。

強モードではなく標準モードで比較していると、国内作製企業のものは30分前後使えますが、ダイソンでは最長40分活用することが出来ます。

これに吸引力の強さをプラスすることでダイソンの評価も上がるとおもいます。

次に重量に対して比較してみます。

ダイソンのケース、V6が2.1kgと最も軽く、V7は2.47kg、V8は2.61kg、V10は2.58kg有ります。

国内作製企業のなかだとしても軽量な品物を見てみると1.5kgくらいしかないためそれと比較したケース重いとおもいます。

しかしそれ以外の国内作製企業のコードレス掃除機を見てみると2kg台前半のものも沢山ので、ダイソンはほんの少し重いくらいということになります。