毎年みたいにコードレス掃除機の新品物を売り出ししている“ダイソン”。

それによってダイソンには多くのモデルが存在します。

近年売り出しされているダイソンシリーズの主な品物に対して案内したいとおもいます。

ダイソンのコードレス掃除機は、“Dyson Cyclone”という品物名です。

2018年3月に売り出しされたものがV10シリーズ、2017年5月に売り出しされたものがV7シリーズ、2016年5月に売り出しされたものがV8シリーズ、2015年5月に売り出しれたものがV5シリーズです。

これら以外にも2014年昔に売り出しされたDCシリーズが有ります。

旧型モデルですので公式サイトでの市販生産品は有りませんがネットや量販ストアーのストアー舗で買うことが出来ます。

スペック(性能)はVシリーズと比べるとおちますが、リーズナブルですのでコードレス掃除機を初めて活用する人、ダイソンを初めて活用する人等にエントリーモデルとして評判が有ります。

V6シリーズからV8シリーズを比較してみます。

V6は0.3ミクロンという微細粒子も99.97%、つまりほぼ100%捕らえることが出来るポストモーターフィルターが採用された機種です。

ダイソンの課題とも言われていた運転音に関連しても従来品のDCシリーズと比較して30%も低減に達成しています

V6はダイソンのなかではミドルクラスの機種です。

V8は21%も出力をUPさせ、パワフルな吸引力をもたせた機種です。

前機種のV6と比較したケース、吸引力が15%UPして、最長運転時間が20分だったものを40分と2倍もUPさせました。

運転音に関連してもDCシリーズと比較して50%も低減に達成しています。

V8はハイエンドクラスの機種です。

V7はスペック(性能)的には前年売り出しのV8と比べると落ちる機種になります。

V8が最上の方機種のハイエンドクラスなのに対して、V7はミドルクラスとハイエンドクラスの中間になるからです。

運転音に関連してはV8同様にDCシリーズから50%低減しています。

バッテリーが改善されて最長運転時間がV6と比較して1.5倍の30分可能になっています。

V10は従来品のなかで最も最上の方機種だったV8シリーズをも凌駕するフラッグシップモデルです。

全く新しいデジタルモーターを採用しており、その結実ハイパワーといくらかの時間の連続駆動を可能にしています。

デジタルモーターはV6~V8と比較したケース14%も回転数がUPして、出力もV8より24%UPしました。