続いてマキタのカプセル式のコードレス掃除機を案内します。

<カプセル式・ワンタッチスイッチ>・“CL181FDRFW”…18V、Li-ionバッテリー採用、吸込みお勤め率は強で37W、標準で10W、1充電あたりの作業時間は強モードで約20分、標準モードで約40分、標準質量3.06kg、価値は約26,000円。

・“CL141FDRFW”…14.4V、Li-ionバッテリー採用、吸込みお勤め率は25W、質量1.3kg、価値は約25,000円。

・“CL108FDSHW”…10.8V、Li-ionバッテリー採用、1充電あたりの作業時間はパワフルで約10分、強モードで約12分、標準モードで約25分質量1.0kg、価値は約15,000円。

<カプセル式・トリガ式スイッチ>・“CL180FDRFW”…18V、Li-ionバッテリー採用、吸込みお勤め率は37W、1充電あたりの作業時間は約20分、質量3.4kg、本体付属のバッテリー1個付、価値は約25,000円。

・“CL140FDRFW”…14.4V、Li-ionバッテリー採用、吸込みお勤め率は29W、1充電あたりの作業時間は約20分、質量3.28kg、価値は約24,000円。

・“CL106FDSHW”…10.8V、Li-ionバッテリー採用、吸込みお勤め率は19W、1充電あたりの作業時間は約16分、質量0.98kg、価値は約13,000円。

・“CL100DW”……10.8V、Li-ionバッテリー採用、吸込みお勤め率は14W、自己放電がわずかので長期保全していても満充電に近い有り様で動く、質量0.88kg、価値は約13,000円。

・“CL070DSH”…7.2Vバッテリー採用、1充電あたりの作業時間は約12分、質量1.88kg、価値は約10,000円。

トリガ式スイッチはカプセル式のみで、紙パックスタイルには有りません。

活用するときだけONになって省エネですが、ずっとスイッチのある持ち手部位を握っていなければいけないので手が疲れるかも知れません

高い立地や手の届きにくい立地を掃除したケースきには、ワンタッチ式の方が楽だとおもいます。

紙パック式とカプセル式を比較してみます

紙パック式のメリットは、本体を開けて使い捨ての紙パックを捨てるだけでごみ捨てが出来るため本体が汚れがたくメンテナンス(整備)が楽なことです。

一方デメリットは集塵容量の小ささに有ります

紙パックの集塵容量は350mlです。

また定期的に紙パックを買入する必要があるためお金もかかります

カプセル式のメリットは、集塵容量の大きさに有ります。

集塵容量が600~650mlと紙パックと比較したケースかなり大きいことが分かります。

また紙パックを買入する必要がないためお金がかかりません。

一方デメリットは、ゴミがパックにまとめられていないので、カプセルを開けてごみ捨てをしたケースきに毎回粉塵が舞うという汚さが有ります。

こうしてマキタのコードレス掃除機を比較していくとおのおのにメリット、デメリットが有ります。

自分が重視する点は何処なのか、どんな部屋スタイルで、どれくらい掃除を行なうのか、どみたいにごみ捨てをおこないたいのか等をかんがえて選択するようにしましょう。

ランニング費用を気にせず、きれいおお好みな人には紙パック式がおススメ、頻繁にごみ捨てを行なうのが面倒という人やフィルターにつくごみの気にならない人にはカプセル式がおススメです。