ダイソンやマキタだけでは有りません。

コードレス掃除機にはそれ以外の国内作製企業品が数多く有ります。

シャープ、パナソニック、三菱、東芝、日立等評判のコードレス掃除機を市販生産品している作製企業は数多く有ります。

近頃は、軽量スタイルの品物が多く、各社2kgを切る軽量スタイルの新生産品を多く売り出ししています。

軽量重視ですので吸じん力をダイソン等のパワースタイルと比較することで当然弱くなりますが、軽くて携帯しやすく高いところだとしても掃除がし易いと使い勝手の良さから評判となっています。

ここでは軽量スタイルの評判コードレス掃除機のスティックスタイルを案内したいとおもいます。

・三菱の“iNSTICK ZUBAQ”。

スタンド一体型のスタイルで、リビングに置いておいてもそのままインテリアみたいに馴染むオシャレな掃除機ですので収納に困りません。

本体の重量は1.8kgと軽量で扱い易いです

手前に引けばスティッククリーナーになって、真上へ持ち上げたらハンディークリーナーになる楽な掃除機です。

・シャープの“RACTIVE Air”。

重量1.5kg、めちゃくちゃ軽いと評判のコードレス掃除機が、ラクティブエアです。

ノズルを付けても全長が約1mくらいで他作製企業のものと比較したケースにも圧倒的にコンパクトな掃除機です。

ダイソンと比較したケースには20cm近くも短いです

ダイソンのケースは約2.6kgある本体がこのラクティブエアはたったの1.5kg、本体だけなら1.1kgという驚きの軽さですのです。

・東芝の“トルネオVコードレス”。

軽量性もパワーも兼ね備えたバランスのいい掃除機として評判が有ります。

重量も1.9kgと2kgを切る軽さです

ヘッドが自走式ですのでスイスイと動いてくれて重量を感覚ません。

目に見えない小さなゴミまで吸い確保することが出来るパワーも有ります。

・パナソニックの“MC-SBU”。

サイクロン式のコードレス掃除機で、本体の重量は2.5kgです。

2kgを超えますがその分吸引力も高くシステム面にも優れています。

隙間や壁際等もヘッドを付け替えることなく効率的に掃除が出来ます。

パナソニックのコードレス掃除機史上で最高の吸引力を誇っています。

・日立の“パワーブーストサイクロン”。

このシリーズは日立が扱うコードレス掃除機のなかだとしても最上の方機種です。

本体の重量は2.1kgと軽量ながら、カーペットにも対応していて吸引力も有ります。

新創り出した小ぶりのハイファンパワーファンモーターXによって高い吸引力を実現しています。

“モーターの日立”らしい掃除機です。

・アイリスオーヤマの“SLDCP50”。

極細の軽量スティックを採用したコードレス掃除機。

ヘッドやパイプを含めても1.4kgという驚きの軽さを誇る機種です。