パナソニックのパワーコードレス“MC-SBU”シリーズは、パナソニックのなかで比較したケースにも最高の吸引力を誇るスティックスタイルのコードレス掃除機です。

“MC-SBU820J”と“MC-SBU620J”に対して案内します。

コードレス掃除機に求められるいくらかの時間使えて、ゴミをちゃんと吸引出来るという点をパナソニックでは新創り出したモーターとバッテリーによって向上させました。

最大吸込お勤め率が200Wは、パナソニックの従来のコードレス掃除機と比較したケースにも最大のパワーです。

強運転モードにしたケース最長約6分しか運転出来ませんが、いくらかの時間運転モードにすることで最長で約65分も運転することが出来ます。

自動モードでは約18分~40分運転出来ます。

バッテリー切れを気にせずに掃除出来るというメリットが有ります。

掃除機にクリーンセンサーがついていて、自動運転のときにはゴミの量を検知して吸引力を自動的に制御してくれます。

ゴミが沢山立地ではランプが赤く点滅をして吸引力は強力になります。

ゴミがわずか立地ではランプが青く点灯してパワーを抑制するので、電力を無駄に消費しません。

効率的に掃除することが出来ます。

2部類の毛先が違うブラシを組み合わせることで奥ま出来れいにします。

じゅうたんにひそんでいるダニや畳の目に入り込んでしまったハウスダスト、フローリングの床に落ちた目には見えない花粉等、全部ちゃんとお掃除してくれます。

またヘッドのペダルを足で踏むと容易にヘッドが外れて子ノズルになるので隙間掃除も容易に出来ます。

より一層パナソニックのオリジナル技法で実現した“ガバとり”構造がすばらしいです。

掃除機をかけているとどうしても壁際にわずかな隙間が残り掃除しきれません。

ところがパナソニックのコードレス掃除機では、壁にノズルをあてたら、ヘッドの前部位が開いて壁ぎりぎりまでブラシを押し付けることが出来ます。

それによって隅までちゃんときれいにすることが出来ます。

これ程のパワーがあって本体の重量が2.5kgと軽い方です

オリジナル創り出した軽量素材を活用することで軽量化を実現しました。

ふとんのダニ等も吸い取れるふとん清潔ノズル、スペースがない家具の下も奥まで掃除出来るペタすき間ノズル等もついています。